【オリジナルデッキ】これから雷デッキが復活するかもしれないからゼラレックデッキ

オリジナルデッキ, 雷デッキ

次弾「ドリームチーム」で復刻する「Nの覚悟」ですが、「レックウザGX」とのシナジーが期待できそうです。「レシゼク」との組み合わせも考えていきたいですが、こちらはレシリザデッキとの相性の方が良さそうですね。
これから新弾環境にあわせてデッキを色々と変更していきますが、まずは過去に活躍したゼラレックデッキを振り返っていきたいと思います。

Nの覚悟

デッキレシピと基本的な回し方

ゼラレックデッキ
デッキコード[Da8x8c-x5DrFL-GJKxD8]

前半はゼラオラとサンダーの特性を積極活用して、ポケモンを揃えていきます。同時にエネルギーを効率的にトラッシュに送りながら、「レックウザ」や「カプ・コケコ」などで場にエネルギーを集めていきます。
「ピカゼク」も有効に使えば、一気にエネ加速できますので「レックウザ」と「ピカゼク」の二大アタッカーをうまく使い分けることで勝率を上げていきます。
「電磁レーダー」などでポケモンを呼び出すことができますので、「オーキド博士のセッティング」なども入れてみましたが、過剰すぎてうまく回らない可能性もあります。

ゼラレックデッキのキーカード

「レックウザGX」の「しっぷうどとう」でエネ加速+ドラゴンブレイクで高火力

レックウザGX

【特性】しっぷうどとう
自分の番に、このカードを手札からベンチに出したとき、1回使える。自分の山札を上から3枚トラッシュする。その後、トラッシュにある基本エネルギーを1枚、このポケモンにつける。

ワザ【ドラゴンブレイク】 ダメージ30×
自分の場のポケモンについている草と雷タイプの基本エネルギーの数×30ダメージ。

GXワザ【テンペストGX】
自分の手札をすべてトラッシュし、山札を10枚引く。

メインアタッカーでかつエネ加速役。非常に忙しいです。
毎ターン確実にトラッシュからエネ加速していくことができます。

「ゼラオラGX」の「じんらいゾーン」はかみなりデッキ必須!

ゼラオラGX

特性 【じんらいゾーン】
このポケモンがいるかぎり、エネルギーがついている自分のポケモン全員のにげるためのエネルギーは、すべてなくなる。

ワザ 【プラズマフィスト】 ダメージ160
次の自分の番、このポケモンはワザが使えない。

GXワザ 【フルボルテージGX】
自分のトラッシュにある基本エネルギーを5枚、自分のポケモンに好きなようにつける。

「じんらいゾーン」はかみなりタイプの逃げエネをゼロにする超優秀な特性。
このデッキでは1枚しか入れていませんが、万一に備えて2枚入れるのもありかもしれません。「電磁レーダー」などで早めにベンチに組み込み、「サンダー」などを活用して場を整えるような使い方になります。

「カプ・コケコ◇」は「せんじんのまい」でベンチのエネ加速

カプコケコ◇

【特性】 せんじんのまい
このポケモンがベンチにいるなら、自分の番に1回使える。自分のベンチポケモン2匹に、トラッシュにあるかみなりエネルギーを1枚ずつつける。その後、このカードをロストゾーンに置く

「せんじんのまい」を舞うだけの役割。完了次第ロストゾーン送りの悲しいカード。
ベンチポケモンにもエネ加速できるという点では非常に重要な1枚。

サンダー

サンダー

ワザ 【アサルトサンダー】 ダメージ10+
この番、このポケモンがベンチからバトル場に出ていたなら、70ダメージ追加。このワザのダメージは弱点を計算しない。

「ゼラオラ」の「じんらいゾーン」との組み合わせで、毎ターンゼロエネで逃げて、ベンチとの行き来をします。
アサルトサンダーにより毎ターン80ダメージを稼ぐことができ、タッグチームであれ、レックウザの射程ゾーンに収めることができるようになります。双方の場が整うまでの早いターンにおいて活躍できる前半のメインアタッカーです。ただしHPは110とそれほど高くありませんので、相手カードの攻撃力を見極めながら使っていくことが重要です。