【おてがるデッキ】ゾロ化石で!

おてがるデッキ, オリジナルデッキ, 格闘デッキ

ルガゾロの変形デッキ。
タイプもルガゾロ同様、格闘デッキのままの使い勝手です。ゾロアークで手札を集めながらプテラで叩きます。プテラの特性で相手に手数を稼がせながら自分の手札を整えていきます。
「格闘どうじょう」でダメージを+10、「こだわりハチマキ」で+30など、確実にダメージを積み上げながら相手を追い込んでいくことができます。
このデッキ自体はまだ完成形がありませんので、まだまだ進化できる余地がありそうですね。

デッキレシピ

ゾロ化石
デッキコード[ffFwFk-Jjt1L1-5VvVVd]

少し「かくとうエネルギー」が多いかも?

重要なカード

「げんしのかぜ/プテラGX」

プテラGX

特性【げんしのかぜ】

このポケモンがバトル場にいるかぎり、相手のたねポケモンが使うワザに必要なエネルギーは、【無】エネルギー1個ぶん多くなる。

「げんしのかぜ」で相手の一手を邪魔することができます。一方で「プテラ」は「ダブル無色エネルギー」も利用できるため、相手より先手を打って「ロックスマッシュ」を放つことが可能です。

「こだいのしきたり/アバゴーラ」はキーマンになります!

アバゴーラ

特性【こだいのしきたり】

このポケモンがいるかぎり、相手の場にある「ポケモンのどうぐ」の効果は、すべてなくなる。

ワザ【アクアインパクト】ダメージ: 80+

相手のバトルポケモンのにげるためのエネルギーの数×20ダメージ追加。

2進化ながら超優秀。
どうぐを封じたり、逃げエネが4の場合には、160のダメージを稼げるなど、攻撃ソースとしてもしっかりと使っていける。

「ポケモンけんきゅうじょ」で化石ポケモンを最大活用!

ポケモンけんきゅうじょ

おたがいのプレイヤーは、自分の番ごとに1回、自分の山札にある「なぞの化石」から進化するポケモンを2枚まで、ベンチに出してよい。

化石ポケモンを使っていくためにも、このカードはぜひ使っていきたいところ。確実に手札の整備を進めることができるため、早い段階で手札に加えて使っていく。そのためにも「リーリエ」を入れているが、ドローソースを追加するのはありかも。
少しドローが回らなくなって後手後手になると、一気に苦しくなるのでそのあたりが修正点になりそうです。