【ほのおデッキ】「レシリザ」+「リザテル」+「ミュウミュウ」で最高火力発揮!

ちょうデッキ, オリジナルデッキ, 炎デッキ

現環境で最強のリザードン絡みのタッグチーム。これらを組み合わせて、スピード勝負のデッキを紹介していきます。ほのおデッキの猛威はまだまだ続きそうです。

レシリザテル

デッキレシピ

レシリザテルデッキ
デッキコード[My3XSy-Yc4K61-yMyEpM]

「レシリザ」「リザテル」をうまく入れ替えて高火力ワザを連発していく。
「ポケモンいれかえ」や「グズマ」を使ってスピーディに回転させていく。水デッキ対策には「ミュウツー&ミュウGX」を使っていく。また一枚で「レシリザ」「リザテル」のワザを交互に使えるなど、特性「パーフェクション」をフル活用できるデッキに仕上がっています。
相変わらず戦術はシンプルで、最速でエネルギーを溜めて、高火力で一気に焼き尽くしていきます。
ほのおデッキには鉄板の「炎の結晶」「溶接工」「カキ」「巨大なカマド」はやはり外せませんね。

このデッキのキーカード

「レシリザ」で「カメポチャ」ワンパンを狙っていく

現時点最強の1枚。超安定のS級アタッカーです。
「フレアストライク」に「ククイ博士」+「こだわりハチマキ」まで重ねれば、天敵である「カメポチャ」もワンパン可能に。「ダブルブレイズ」のための6個のエネルギーが無い場合には、「フレアストライク」でもしっかり落としていけるようにカードを並べています。

レシリザ

ワザ【フレアストライク】 ダメージ230
次の自分の番、このポケモンは「フレアストライク」が使えない。

リザテル

「レシリザ」を一気に加速させられるため、序盤にしっかりと使っていきたい。「シャイニーフレア」で手札にエネルギーを集めることができる。他のトレーナーズも活用しながら、このカードによってベンチまで一気に育てることができる。
「ぐれんのひばしら」はこのデッキで少ないエネルギー回収のための手段になっています。「ここぞ」という場面で必須になることから、GXワザを放つタイミングは、慎重に判断する必要があります。「レシリザ」の「ダブルブレイズ」かどちらにするかの選択が難しいですが、ツミを防ぐためにもしっかりとした見極めが必要ですね。

リザテル

ワザ 【シャイニーフレア】 ダメージ180
のぞむなら、自分の山札にある好きなカードを3枚まで、手札に加える。そして山札を切る。

「あくのはき/アブソル」で効率的に逃げる!

デッキの取り回しでは「レシリザ」と「リザテル」の入れ替えが予想されます。少しでもエネルギーの無駄打ちを防ぐためにも「あくのはき」によって省エネを狙っていく。「あなぬけの紐」や「グズマ」など場面場面で使い分けていきたいところ。あくエネルギーは積んでいないので、あくまで「あくのはき」狙いで使っていきます。

アブソル

特性【あくのはき】
このポケモンがいるかぎり、相手のバトル場のたねポケモンのにげるためのエネルギーは、1個ぶん多くなる。

「ミュウツー&ミュウGX」で「カメポチャ」対面を狙う

ほのおデッキのメタでみずデッキの使用率が高くなっています。そこでこの「ミュウツー&ミュウGX」が有効となってきます。ほのおの弱点をカバーしながら、さらにHP270ありますので、ワンパンされにくい耐久も持ちあわせています。
また「フレアストライク」の次ターンには、それ以外のワザ(主にシャイニーフレア)を使用できるため、毎ターン高火力を維持することができるのも非常に魅力的です。
ベンチポケモンにダメージを与えるワザも増えていることから、仮にベンチ待機であれ、高HPですので安心ですね。

ミュウミュウ

特性【パーフェクション】
このポケモンは、自分のベンチまたはトラッシュにある「ポケモンGX・EX」が持っているワザを、すべて使える。