まずはカメポチャデッキのベース型を構築!

おてがるデッキ, オリジナルデッキ, 水デッキ

デッキレシピ

カメポチャベース
【デッキコード】PNL69g-luxj6y-6LQPgg

比較的新し目のカードを中心に構築。新弾「リミックスバウト」のカードも積極的に採用しています。猛威を振るうレシリザデッキをメタるために生まれたようなデッキ。レシリザデッキは簡単に構築できる!というシンプルながら最強のデッキでした。それに対抗できるくらいカメポチャデッキはポテンシャルを秘めています。これから、どこまでカメポチャデッキが派生していくのか楽しみですね。

「ケルディオGX+シャワーズGX」デッキから考えてみる

今回は以下のケルディオGXデッキをベースとして、カメポチャをメインアタッカーに据え、サブアタッカーにケルディオGXとしてみました。
デッキの回し方としては、カメポチャにエネルギーを集めるところからスタートした方が良いと思いますが、相手との相性などを見ながら柔軟にケルディオでも対抗していくことができれば勝率を上げていけそうです。

中心カード

「カメックス&ポッチャマGX」でとにかくスプラッシュメーカー狙い!

カメポチャ

ワザ【スプラッシュメーカー】ダメージ150
のぞむなら、自分の手札にあるエネルギーを3枚まで、自分のポケモンに好きなようにつける。その後、つけたポケモンのHPを、それぞれつけた枚数×50ダメージぶん回復する。

何はともあれ、今回のデッキの主人公です。またこのデッキのメインの攻撃手段となるのがこの「スプラッシュメーカー」です。エネ加速しながら回復ができるという驚異のワザ持ち。
「アクアパッチ」などを使いながら効率的にエネルギーを積んでいきたいところ。

「ホーリーハート/ケルディオGX」でGXポケモンを完封する

ケルディオGX

特性【ホーリーハート】
このポケモンは、相手の「ポケモンGX・EX」からワザのダメージや効果を受けない。

強力な特性「ホーリーハート」持ち。「かがくのちから/アローラベトベトン」の特性を消してしまう特性に注意しながら活用したいところ。残念ながらベトベトンの採用率は非常に高いですね。。。

「ひきよせのうず/フィオネ」でエネ移動を狙う

フィオネ

特性【ひきよせのうず】
このポケモンがベンチにいるなら、自分の番に1回使える。相手のバトルポケモンをベンチポケモンと入れ替える(バトル場に出すポケモンは相手が選ぶ)。その後、このポケモンについているカードをすべてトラッシュし、このポケモンを山札の下にもどす。

フィオネに一旦エネルギーを張りつつ、「ひきよせのうず」発動→エネルギーをトラッシュに移す→グッズでエネルギーを手札に回収→カメポチャの「スプラッシュメーカー」でエネ移動、という感じの流れで使いたいところ。

せっかくなので「ローラースケーター」も活用!

ローラースケーター

【サポート】
自分の手札を1枚トラッシュする。その後、山札を2枚引く。トラッシュしたカードがエネルギーなら、さらに2枚引く。

「リミックスバウト」で登場する「ローラースケーター」も活用していきます。
水エネをトラッシュしながら、手札を整えていきます。エネルギーの数も比較的多めにしていますので、計4枚引ける可能性が高いです。場面場面で「リーリエ」と使い分けながら、しっかりと手札を整えられそうです。

「カメポチャ」はリミックスバウトに封入されてます

ゲッコウガ追加型デッキ(7/20追記)