ポケカの最適スリーブを見つけていく!(ダイソー編)

雑談/グッズ/その他

スリーブ(デッキシールド)とは?

デッキシールド

「スリーブ」はカードを保護するためのフィルムというか1枚単位のカード入れになります。公式的な商品名は「デッキシールド」となっており、価格は固定の720円+税です。確かにかっこいいんですが、個人的にはちょっと高いと感じてしまいます。様々なアーティストとのコラボデザインもありますが、その場合も価格固定となっている点はうれしいですね。

ポケモンカードのサイズは63mm*88mmになっています。これをガードするためのスリーブについてですが、様々な商品があります。値段もサイズもまちまちで、触り心地も大きく異なります。できれば自分にあったスリーブを見つけたいですよね。

ダイソーのカードスリーブは2種類

100円ショップの商品開発と商品入れ替えのサイクルは非常に早く、あくまで調査時点でかつ、5店舗しか調査対象ではありませんのでご承知おきください。
ダイソーの全商品ではなく、あくまで「私が見つけたスリーブ」です。

トレーディングガードプロテクター(ソフトタイプ)

用量:100枚
サイズ:66*91*0.05mm

まずはこちらになります。100円で100枚ですから、単価1円という高コスパ。

サイズ感はピッタリです。下側に若干の余白が発生しますがほぼジャストサイズです。プレイ用としては少し薄めですのでやや不安がありますが、一時的な保管などであれば十分活躍してくれそうです。
あとサイズ的に非常にカードを切りやすいです。ポケカ自体少しシャッフルするには大きいサイズですので、このくらいの大きさ・厚さに留まってくれると扱いやすいですね。
公式スリーブと2枚重ねできるかというと、やや大きめ・厚手になっていますので、公式スリーブを突き破ってしまいそうな感じです。結果的に公式スリーブ自体の寿命が短くなりそうです。

トレーディングカード用クリアポケット(厚手タイプ)

用量:100枚
サイズ:65*93*0.07mm

こちらも枚数がたっぷりです。「厚手」となっていますのでカードの保護力は上記の商品よりも高そうな印象です。

サイズは上記のカードプロテクターよりも若干大きめになっています。
カード上側の余剰分もだいぶ大きくなっています。公式スリーブよりもやや大きくなっていますので、二重スリーブ利用は不可ですが、単品としての強度はだいぶ強くなっています。
ただ公式スリーブと比較すると強度は公式スリーブの方がかなりしっかりとしています。大切なカード入れとしては厳しいですね。(7倍以上の値差の商品と比較するのがおかしいですが、、、)
プレイを繰り返すとカードの反りなども比較的起きやすく感じますので、そういった割り切りのもとで使用する分には非常に有用です。練習やカジュアルプレイなどには最適です。

まとめ

100枚入りという大サービスです。できれば2重スリーブのインナーとして使いたいと思っていましたが最適なスリーブは見つけられませんでした。一方でカジュアルに楽しむ目的であれば、コスパ的にも十分にニーズに応えられそうな印象です。
トレーディングガードプロテクター(ソフトタイプ)は「ソフトタイプ」とうたっている以上、「ハードタイプ」がありそうなんですが、今回は見つけることができませんでした。単体で利用する場合、少し柔らかさが気になるところですので、実は「ハードタイプ」が使い勝手がすごくいいんじゃないかと予想しています。。。いつかゲットしたいです。