2019PJCS優勝デッキを考察!現環境での勝ち方!

優勝デッキ

2019PJCS優勝デッキはレシリザ!

レシリザ+ジラーチを中心に、相手に合わせながらポケモンの特性で対処していく戦法。エネ加速が容易なだけに「ミルタンク」の特性も非常に使いやすい。ミラクルツイン以降のカードは「プレシャスボール」のみですが、炎レシリザデッキの盤石さが露呈した感じです。

PJCS優勝デッキ
マスターリーグ優勝 クリタ コウヘイ選手 レシラム&リザードンGXデッキ

【デッキコード】FFvF5w-YA5TVm-1FVbkV

チャンピオンズリーグ京都大会の振り返り

京都大会優勝デッキ
京都大会の優勝デッキ

改めて今回の大会と京都大会の優勝デッキの比較をしてみてもそれほど大差なく、ある程度完成されたと言えそうです。基本的な回し方は京都大会以降あまり変わっていないといえそうです。

優勝デッキのキーカードたち

「モーモーエール/ミルタンク」は毎ターン90ポイント回復可!

モーモーエールミルタンク

特性【モーモーエール】
このポケモンがバトル場にいるかぎり、手札から自分のポケモンにエネルギーをつけるたび、そのポケモンのHPを「90」回復する。

殴り合いになった場合に勝ちを引き寄せられます。完全に盤面が読めれば、「むじんはつでんしょ」で双方の特性を消して、レシリザで崩すなどの使い方。こちら側はサポートを使って確実に毎ターンエネ追加が可能。

「あくのはき/アブソル」で逃げを封じる

あくのさばきアブソル

特性【あくのはき】
このポケモンがいるかぎり、相手のバトル場のたねポケモンのにげるためのエネルギーは、1個ぶん多くなる。

ジラーチサンダーなんかを封じていけますし、確実に場に出た弱めのポケモンを落とせるようになります。

「やぶれかぶれ/マーシャドー」で相手の手持ちを崩す

やぶれかぶれマーシャドー

特性【やぶれかぶれ】
自分の番に、このカードを手札からベンチに出したとき、1回使える。おたがいのプレイヤーは、それぞれ手札をすべて山札にもどして切る。その後、それぞれ山札を4枚引く。

という結果ですが、いま勝ちたければレシリザ!
数日でメタデッキ開発がされてくると思います。
さらにタッグチーム環境も後半戦に突入していきますが、どんなチームやカードがでてくるのか楽しみですね。