【優勝デッキ】CL愛知の優勝デッキとトレンド

優勝デッキ

CL愛知終了しました。参加されたみなさんお疲れ様でした。
さて、タッグ環境と同様にリードしたのはピカゼクデッキとなりました。
一枚単独の性能としてはやはりトップクラスで、今回の大会でもそのポテンシャルを存分に発揮したと思います。
炎デッキはややエネ加速しにくくなり、対抗できそうな闘デッキもそれほど高火力デッキが組みにくい状況ですので、後出し的に考えるとかみなりデッキ優位な環境でした。

ただ優勝デッキにはほぼレギュラーともいえる「ゼラオラGX」が積まれておらず、進化型の雷デッキとなっています。
ピカゼクも2枚しか積まないなど面白い工夫も随所に見られ、大会に勝つために全方位で対応できるよう、カード枚数が多いことも特徴です。
優勝者のデッキから学ぶことが多かったですが、シニアリーグ優勝デッキの方は桁違いのセンスですね。感心しかありません。。。

CL愛知優勝デッキはピカゼクジラサンタイプ

CLA優勝デッキ
CLA優勝デッキ(シニア)

モルペコVデッキ

モルフーンGXデッキ

メルカリ+ザシアンVでピカゼク攻略?

コータスV+マグカルゴGXデッキ

ラプラスV+モスノウデッキ

さいごに

冒頭でも書いていますがシニアリーグ優勝デッキがすごすぎ。
それでもソード&シールド環境では新しいデッキが次々と開発されていますので、ただただ面白いです。
VMAXカードの展開も楽しみですが、面白いデッキが組みやすい現環境は、難しいですがやりがいのある環境になっていると思います。